日本には、茶葉を煎じて作るお茶を飲む習慣が生活に根づいています。日本茶の種類は多岐にわたることから、毎日異なる種類の日本茶を飲み、その違いを楽しんでいる方もいらっしゃることでしょう。

最近では日本茶に限らず、お茶の魅力を楽しめるクラフトティーの人気も高くなっており、クラフトティー専門店も増えています。

Arinobu Teaでは、日本茶をはじめとした多種多様なお茶をティーバッグに入れた状態で販売しているため、クラフトティーを堪能したいという方におすすめです。

こちらでは、クラフトティーに興味をお持ちの方に知っていただきたい、日本茶の種類とそれぞれの特徴についてご紹介いたします。

クラフトティー好きな方に知ってほしい!日本茶を代表する「煎茶」の特徴

赤い受け皿に置かれた湯飲み茶碗

日本茶というと、きれいな黄緑色が特徴的な緑茶を思い浮かべる方も多いでしょう。そんな緑茶の中でも、特に多くの人に愛されているのが「煎茶」です。煎茶には製造方法が異なるいくつかの種類が存在します。

しかし、摘んだ茶葉を発酵させずに新鮮な状態で蒸したり炒ったりして作られたものである点は、どの種類の煎茶においても共通しているのが特徴です。

煎茶を淹れる際に使用するお湯の温度は、茶葉の品質に合わせて調整する必要があり、上級の煎茶なら80℃、普通の煎茶なら90~100℃がちょうど良いとされています。

お湯の温度を調整することにより、茶葉に含まれる旨味や渋みを適量引き出せるようになります。

日本茶の一種である「ほうじ茶」はクラフトティー好きな方にもおすすめ

日本茶の豊かな香りを楽しむのが好きだが緑茶は少し飽きてしまったという方には、日本茶の一種である「ほうじ茶」もおすすめです。

ほうじ茶とは、強火で炒った番茶や大型煎茶の茶葉を煎じて作る日本茶で、香ばしい風味が大きな特徴となっています。そのため、「お茶の香りを存分に楽しめることからクラフトティーを好きになった」という方にもほうじ茶はおすすめです。

また、ほうじ茶にはお茶の茎の部分だけを炒って作った「棒ほうじ茶(茎ほうじ茶)」と呼ばれるものもあり、この種類のお茶は専門店などで購入できます。主に北陸地方で飲まれており、一般的なほうじ茶より芳醇な香りを堪能できることから、ギフトとして購入するのもおすすめです。

クラフトティー好きな方からの人気も高い日本茶の「玄米茶」とは?

玄米茶の茶葉

玄米には独特の香ばしい風味があり、緑茶と同様に玄米の香りも好きだという方は多いことでしょう。そんな玄米と柳やほうじ茶を混ぜて作ったお茶を「玄米茶」と呼びます。

玄米茶には玄米が使用されていることから、一般的な緑茶とは異なる香りがするという特徴があります。また、玄米茶にはビタミンB1が多く含まれており、美容や健康目的でお茶を飲んでいる方にもおすすめです。

さらに、玄米茶も淹れ方によって味に微妙な変化が生じるという特徴があります。そのため、おいしくいただくためには正しい方法で淹れることが大切です。

日本茶の風味を楽しむなら専門店へ!Arinobu Teaはギフト用も販売

日本茶には煎茶をはじめとした緑茶だけでなく、ほうじ茶や玄米茶などの種類もあります。それぞれ味や香りが異なるため、飲み比べて風味の違いを楽しむのもおすすめです。

日本茶の専門店Arinobu Teaでは、こだわりの素材を使用して作った日本茶を販売しています。ギフト用もご用意していますので、ご家庭用はもちろん、ギフト用の日本茶をお探しの方も、ぜひご利用ください。

クラフトティーの日本茶を通販でお探しならArinobu Tea

会社名 オプカリス株式会社
代表責任者名 滝爪琢也
住所 〒179-0074 東京都練馬区春日町1丁目22−3
電話番号
電話受付時間 9:00~21:00
メールアドレス Customer.Support@arinobu-tea.com
ホームページURL https://arinobu-tea.com